Blog

インドで実施した、ドローン画像を活用した農産物の品質定量化+web3.0技術を組み合わせたアグリテックの取り組みが、2023年12月1日の「日刊工業新聞」に掲載されたことをお知らせいたします。

2023.12.06

お知らせ

お知らせ

Casley Deep Innovations株式会社(本社:東京都渋谷区恵比寿4-20-4 恵比寿ガーデンプレイスタワーB1F/研究所:東京都文京区本郷 代表取締役 砂川 和雅、以下 :当社)は、
インドで実施した、ドローン画像を活用した農産物の品質定量化+web3.0技術を組み合わせたアグリテックの取り組みが2023年12月1日の日刊工業新聞に掲載されたことをお知らせいたします。


■日刊工業新聞について

日刊工業新聞は、産業専門の総合紙として、すべての産業分野を守備範囲にマクロ・ミクロ両面から、企業活動や仕事に役立つ情報を迅速・的確に発信しています。
日刊工業新聞の電子版では、日刊工業新聞が紙面で提供している、およそ250件の記事を毎日閲覧することができ、機械、技術、情報通信、エネルギー、産業などの専門情報を提供しています。

https://www.nikkan.co.jp/



■掲載ページについて

VFR株式会社、マクタアメニティ株式会社、弊社の3社合同で福島県で開催されたロボット航空宇宙フェスタにインドでの取り組み内容の展示ブースを出展いたしました。

展示会詳細は、こちら


インドの社会課題の一つである農業従事者の貧困を解決するべく、3社合同で一般財団法人日本国際協力システムが公募した「新興国DX等 新規事業創造推進支援事業費補助金(インド太平洋地域ビジネス共創促進事業費)」の採択を受け、ドローンを起点にした農産物の品質定量化ビジネス実証プロジェクトに取り組んでいます。


インドの取り組みの詳細は、こちら

日刊工業新聞掲載の当記事でも取り組み内容について紹介いただいておりますので、是非ご一読ください。



■記事詳細URL
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/694435



当社は、今後もドローン、画像解析AIを始め高い技術を持つ企業と技術・事業連携し、web3.0が持つ強みを活かしながら、様々な社会課題の解決に貢献して参ります。


●Casley Deep Innovations株式会社について

代表者: 代表取締役 砂川 和雅
本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-20-4 恵比寿ガーデンプレイスタワーB1F
研究所所在地: 東京都文教区本郷(東京大学前)
事業内容:ディープテック領域のシステム開発 / プロダクト開発事業
web3.0、XR、AI、画像解析等、先端技術領域に関する研究開発・コンサルティング等
プロジェクトイネーブルメント®事業
設立日:2023年4月
売上高:12.0億円見込み ※設立初年度予想
URL:https://www.casleydi.co.jp/


<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>

Casley Deep Innovations株式会社 PR事務局(株式会社フロントステージ)

中尾・大橋・木村

TEL:03-6804-1751 FAX:03-6804-1752 E-mail: info@frontstage-pr.co.jp